開いて積んでお家できあがり!超効率的ユニットハウス「Boxabl」



建築工程のほとんどを工場で終わらせ、現地での工期を大幅に減らせるユニットハウス。その建築技術やバリエーションは年々進化している。なかでもアメリカの企業が開発した「Boxabl」がかなりスゴイ。



こちらの「Boxabl Casita」は、同ユニットシリーズで最もコンパクトなモデルだが、フルサイズのキッチンとバスルームまで要する、見ての通り完璧な「住宅」だ。だがなんと現地での工期はたった1日。



それを可能にしているのが、この箱型の収納設計だ。トラックで住居の「箱」をそのまま現地に運び、あとは箱を開くだけで家ができあがる仕組み。 これだけ短期だと安全面が不安になるが、「Boxabl」はいわゆるプレハブ設計の住宅とは一線を画す。建築素材と工場での生産工程にこだわり、耐久性・エネルギー効率ともに高い水準を確保しているという。

箱を組み合わせて自分オリジナルの家に



そして「Boxabl」のさらなる特長が、連結可能なモジュール方式。37平方メートル・56平方メートル・74平方メートル・111平方メートルの4種類の広さから好きな組み合わせを選び、縦や横につなげて一つの住宅として建設できるのだ。


間取りのバリエーションも豊富で、1部屋に全てが詰まった「Casita」モデルをはじめ、「キッチンボックス」「リビングボックス」「寝室ボックス」などさまざま。広さとモデルと箱数を組み合わせて、自分らしいオリジナル住宅をつくりあげることができる。 現在は「Boxabl Casita」が、住宅費と建設費あわせて49,500ドル(約530万円)で予約受付中。価格帯の手頃さから、庭に置くスモールハウスとしても人気が見込まれている。

・ ・ ・


「家はローンを組んで買い、何ヶ月もかけて建てるもの」という概念はもはや古いかも?


https://moov.ooo/article/5efd4e13d312af04a954ec1e

1 view